Page Top

Page Top

∞

7ボタンマウスを導入すると効率アップし過ぎてヤバイ

2017.09.07

みなさんこんにちは。
EC担当の前原です。

僕は家でもオフィスでも7ボタンマウスを使っています。
普通のマウスは3ボタンですよね。

①左クリック
②右クリック
③ホイールクリック

こんな感じです。
でも、7ボタンマウスだと以下のようなレイアウトになります。

①左クリック
②右クリック
③ホイールクリック
④ホイール左に倒す
⑤ホイール右に倒す
⑥親指ボタン1
⑦親指ボタン2

どうですか。
この感じ。

「そんなにたくさんあっても難しいだけじゃん!」
と、思いますよね。

僕も最初そう思ってました。
でも、慣れたら最高に便利になります。

ではどう便利なのか?具体的にみていきましょう。

7ボタンマウスはなぜ便利なのか

僕が使っているマウスは、M560というLogicool製のものです。
Logicool製のものは、たいてい純正アプリでボタン割り振りができます。

各ボタンに、自分の好きな挙動を割り振れるのです。
ちなみに僕のはこんな感じ。

①左クリック(左クリック)
②右クリック(右クリック)
③ホイールクリック(ホイールクリック)
④ホイール左に倒す(「ctrl」+「shift」+「tab」でタブを左に移動)
⑤ホイール右に倒す(「ctrl」+「tab」でタブを右に移動)
⑥親指ボタン1(Deleteキー)
⑦親指ボタン2(ランチャーアプリを表示)

特にタブ移動は便利ですね。
この便利さは実際に使ってみないとわからないかもしれません。

カスタマイズは自由自在です。
なんなら使わないボタンがあってもいいと思います。

「右クリックで左クリック」
「左クリックでDelete」
「ホイールを右に倒すとシャットダウン」
「ホイールを左に倒すと再起動」
とかいう変態的なボタン設定も可能です。

そんなことをしてしまうと、作業効率はおそらく大ダウンすると思いますが!

Instagram
Twitter
Facebook
LINE
Twitter
Facebook
LINE
LINE
contactform contactform